soarコラム用イラスト「特定の状況で話すことができなくなる「場面緘黙(かんもく)」って知ってる?症状のある人たちをサポートする「かんもくネット」が伝えたいこと」

概要

「soar」という社会的マイノリティの可能性を広げる活動をしているNPO法人の運営するメディアにて、コラムのイラストを担当させていただきました。
特定の状況で話すことができなくなる「場面緘黙(かんもく)」って知ってる?症状のある人たちをサポートする「かんもくネット」が伝えたいこと

わたしもこのお仕事を通してはじめて症状について詳しく知りました。悩むご本人や周囲の方の力になるコラムのお手伝いができて嬉しいです。

家などの安心できる場所では話すことができても、特定の社会的状況になると全く、もしくはほとんど他者と話すことができなくなってしまう症状のことです。

症状は人それぞれですが、典型的な症状だと、家で家族とは話せるけれど、幼稚園や学校に行くと友達や先生と話すことが難しいことが多いですね。

学校、特に教室という「人に見られる自分」を意識しやすい場所が最も話しづらいという点は共通しています。